いま学校で、子供たちが実社会に出るための準備が充分なされているだろうか?「大企業に入れば生活が安定する。」それが私たちが親や学校で教えられてきたことです。親たちにとって、子供に良い教育をうけさせることは人生の目標でした・・それで子供が幸せになれると信じていたから。資格を取り、大手に就職し、上を目指してひたすら働き続ける。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、実際に目標としていた人生に到着してみると、何かが違うことに気づく・・自由な生活ばかりでなく、老後の保障もどこにもないのだ。学校教育での成功は、実社会での安定を保障してくれるわけでない。良い教育を受けると成功するというアドバイスは、今では大きな過ちかもしれないのだ。現在では、もう「学校に行って安定した仕事に就きなさい」と安易にアドバイスすることはできない。今、私たちには新しい教育を必要なのだ。株での資産運用に、何かヒントが隠されているかもしれない。