良い成績と高い給料、生活の安定というものは正の相関があるのだろうか?大抵の人は親から、一流大学に行って、良い成績をとり、大会社で良い給料をもらうことが成功の秘訣だと教えられてきました。子供たちに良い教育をうけさせよう・・・それが親たちの子供に対する愛でした・・・それで子供が成功できると信じていたから。良い成績と良い会社、そして、会社での出世が人生の目標でした。そして、働くことに強い倫理を持っている。しかし、大抵の人は有る時、気づきます。結果が望むものとは少し違うと・・会社を辞めると、生きていく手段がないのだ。学校教育での成功は、実社会での成功へのパスポートではない。過去のアドバイスは、現在では大きな間違いかもしれないのだ。現在では、「一生懸命勉強しなさい。そうすれば幸せになれる」と安易にアドバイスできない。現在の私たちに必要なのは、新しい答え、真実に基づいた指針なのだ。サッカーに、何かヒントが隠されているかもしれない。